センター試験 利用大学 センター試験のメリット 高認からセンター受験へ

J-Web Schoolのバナー広告

(^o^)/ Welcome!  大学入試センター試験の概要です。はじめての方はこちらかのページからご覧下さい。

大学入試センター試験とは

大学入試センター試験とは

大学入試センター試験(略称「センター試験」)は、平成2年/1990年から毎年1月中旬の土日に実施されている大学入学試験です。センター試験の受験者数は毎年50万人以上。6教科(※)/30科目程度の試験科目の中から、志望大学の入試に必要な科目を受験します。

受験案内は9月初旬~10月にかけて配布(※)され、出願が始まります。

※6教科=国語、地理歴史、公民、数学、理科、外国語

※大学入試センターが配布の「受験案内」はセンター試験参加大学で配布されています。


センター試験は、もともと国公立大学の一次試験にあたるもので、以前(平成元年以前)は「共通(第)一次学力試験(=共通一次試験)」と呼ばれていました。現在でも、国公立大学の一次試験としての位置づけは変わりませんが、国公立大だけでなく、多くの私立大学の入学試験でも採用されるようになりました。そのため「日本の大学の共通入試」のような意味合いも強くなっています。


高認合格後に大学入試を目指す最適な試験

高等学校卒業程度認定試験【高卒認定】合格者が大学受験を目指す場合、センター試験の利用をおすすめします。センター試験だけで複数の大学受験ができるなど、多くのメリットがあるからです。高卒認定/高認合格者が、センター試験を受験する場合の具体的メリットについては次のページで紹介しています。


センター試験対策の参考書・問題集

センター試験はかつて、国公立大学のみで採用されており、いわゆる「難問・奇問」と呼ばれるような、努力だけでは解けないような問題もありました。しかし今では、一般の受験生が、努力すれば解けるような「良問」が多いと評価されるようになり、多くの私立大学で採用されています。

センター試験対策としては、教科書・参考書等で基礎力を養い、問題集で実践力をつけ、過去問題集で仕上げる・・・ごく普通の勉強方法ができれば充分です。おすすめ参考書・問題集については、次のページで紹介していますので、参考にしてください。