AO入試自己推薦入試 違い

AO入試とは? 自己推薦入試とは? その違いは?

AO入試と自己推薦入試

AO入試と自己推薦入試とを採用している大学が増えてきています。大学の位置づけが単なる高校卒業後の進路ではなく、将来に向けた多様な人材育成の場に変わってきているためです。

どちらも学力よりも意志(入学動機・熱意など)や個性が尊重される入試です。面接や小論文が課題となりますので、自分の考えを口頭や文章で上手に表現できる力が必要です。

高卒認定試験合格者や仕事をお持ちの方など受験勉強をする時間が少ないにとっては受けやすい入試です。


AO入試

審査内容例 ・大学との適合性(相性)
・大学の課程をこなせる適性や能力
・大学へ入学することの目的意識や熱意・意欲など
審査方法 書類・面接・小論文
推薦状 原則として不要
(大学によっては自己推薦状が必要な場合がある)
メリット 学力よりも大学との適合性や熱意等が重視されるので、一般入試の学力選抜ではあきらめなければならなかった大学に入学が許可されるチャンスがある。
能力や適性に合った大学が選べる。
デメリット 審査期間が長い

自己推薦入試

審査内容例 ・人間としての個性・他の受験生とは違う点
・これまでの経験
審査方法 書類・面接・小論文
推薦状 自己推薦状が必要
メリット 学力よりも個性が重視されるので,一般入試の学力選抜ではあきらめなければならなかった大学に入学が許可されるチャンスがある。
能力や適性に合った大学が選べる。
デメリット 推薦理由が高校の学業や課外活動に限られる場合は、高等学校卒業程度認定試験【高卒認定】合格者の出願ができない場合がある。