大学入試 出願から合格まで

多様化する大学入試のしくみ。ここでは主に従来型の入試(学力重視型)について取り上げました。

大学入試のしくみ

大学の受験資格

大学に入学するためには、「高卒資格」を取得した上で、希望する「大学入学試験(大学入試)」に合格する必要があります。 高卒資格とは、例えば、普通高校を卒業したり、高卒認定試験に合格することです。

※ただし、現役の高校生は、高校卒業見込者として受験できます。また、高卒認定試験受験者で科目履修制度を利用している場合は、高卒認定試験の合格見込者として受験できます。

大学入学のパターンは、国公立大学と私立大学で違ってきます。

大学入試のしくみの図

国公立大学の場合

国公立大学への入学を希望する場合、2段階の選抜方式になります。

受験生はまず一次試験として「センター試験」を受験します。その後「個別能力検査」として、「前期日程」「後期日程」のいずれかで「二次試験」を受けて、合格すれば入学が許可されます。

※各日程で、前期日程で不合格であった場合、後期日程で受験することもできます。

※大学によっては、前期、後期に加え、「中期日程」が設けられる場合があります。


私立大学の場合

各大学が実施する「一般入試」があり、合格すれば受験した大学への入学が可能です。

また、センター試験の結果を用いて合否判定を行う「センター試験利用入試」と呼ばれる制度もあります。センター試験利用入試では、センター試験を合否判定に使う場合と、センター試験と一般入試などの個別試験の結果を総合して合否を判定する場合があります。


さまざまな入試制度

大学入試には上記のようにペーパー試験で学力を審査するごく一般的なの入学試験の他、推薦入試、AO入試、社会人入試などの制度を取り入れている大学もあります。これらの入試は、国公立、私立ともに実施しています。