高卒認定・高認から大学入試センター試験 出願手続き

高認・高卒認定からセンター試験に出願するために必要な手続き、書類。

高認からセンター試験に出願するには

書類による手続きが必要です

高卒認定の受験者、合格者がセンター試験に出願・受験するためには、指定の書類の提出が必要です。高認「合格者」か「合格予定者(合格見込者)」なのかによって提出する書類が違ってくるので注意しましょう。


すでに高卒認定試験に合格されている方

高等学校卒業程度認定試験(高卒認定/高認)または大学入学資格検定(大検)に合格されている方は、次の「いずれか」をセンター試験出願時に、出願先の大学入試センター提出します。

  • 合格証書のコピー
  • 合格証明書(原本)

「合格証書」は、高認合格時のものをお持ちであれば、そのコピーでOKです(発行年月は問わない)。合格証明書は、文部科学省の生涯学習推進課に交付申請して入手します。

※高卒認定試験合格者は、センター試験の出願資格者のうち「高等学校卒業認定試験又は大学入学資格検定に合格した者」に該当します。

※一般入試等で大学、短大、専門学校を受験する場合、それぞれ学校で合格証明書が必要になる場合があります。必要部数を一度に入手しておくとよいでしょう。


3月に高卒認定に追加合格予定の方

高卒認定に合格していない方を高卒認定合格見込者として証明する必要があるため、少々手続きが複雑になります。

高卒認定の一部科目に合格しており、残りの科目の単位を通信制高校などで履修しており、その年度の3月までに単位修得が見込まれることが証明されれば、「高卒認定の合格見込者」としてセンター試験を受験することができるようになります。

該当する方は、次の「いずれか」の書類が必要です。

  • 高卒認定試験の「合格見込成績証明書」
  • 高卒認定試験の「科目合格通知書」のコピー
    及び「単位(科目)修得見込証明書」

合格見込成績証明書は、文部科学省の生涯学習推進課に請求して入手します。その際、高卒認定合格発表時に郵送されている「科目合格通知書」と在籍している通信制高校等で発行される「単位(科目)修得見込証明書」の提出が必要です。

つまり、「高卒認定合格見込み」を証明するための書類を提出して、文部科学省に確かに「高卒認定合格見込者」であることを証明してもらうわけです。

高卒認定試験の「科目合格通知書」のコピー及び「単位(科目)修得見込証明書」を提出する場合は、基本的には文部科学省を通さずにセンター試験の出願が可能です。「科目合格通知書」は高認の合格発表のときに郵送されています。また、「単位(科目)修得見込み証明書」は在籍している通信制高校等で発行してもらいます。この場合は、出願先の大学入試センターが「高卒認定合格見込者」であることを書類で確認することになります。


第2回高卒認定(11月実施)を受験される方

第2回高卒認定試験の受験案内(願書)に同封されている

  • 大学入学者選抜大学入試センター試験出願資格申告書

に必要事項を記入の上、センター試験の出願時に出願先の大学入試センター提出します。