地理の勉強法 攻略法 高卒認定試験高認】対策

J-Web Schoolのバナー広告

高認・地理→ 地形図の読み取りは必須。統計資料の読み取りや解釈は過去問で練習しておきましょう。

地理の攻略法・傾向と対策/高卒認定【高認】

地理の出題傾向

地理Aと地理Bでは、出題内容もが問題のレベルはほぼ同じです。ほとんどが共通問題です。若干地理Bの方が範囲が広いだけです。どちらも資料問題が多いので、グラフや表の解読に慣れておく必要があります。


地理A・地理Bの学習対策

出題内容は資料(グラフや地図・写真・統計など)を読み取る問題が大半で、用語や地名などの知識が問われる問題はほとんどありません。高認の地理で必要なのは「読み取る力」です。

地図や統計は覚えるものではなく、そこからの情報を読み取ることが大切です。読み取るときのポイントは「なぜ」です。例えば「世界気候の地図でヨーロッパはなぜ高緯度でも温帯なのか?」「コーヒーの生産上位の国々の共通点はないのか?」などです。この「なぜ」の部分は、問題文に与えられた資料もとに、その場で見て考えます。


例えば、こんな問題が出題されます

次の問題は、ヨーロッパ地域の気候をもとに住宅の窓の大小があるのは「なぜ」なのかをポイントに考える問題です。「なぜ」の部分は選択肢の中で説明されています。資料3の図と資料4の文を見比べて、消去法なども使えば、正解が得られるはずです。考えてみましょう。


  • 資料4の①の文
    「屋根が平ら」、「窓がとても小さい」→D(以外はあり得ない)
  • 資料4の②の文
    「窓を大きくするといった工夫」→A(以外はあり得ない)
  • 資料4の③の文
    「窓は小さく」、「よろい戸」→C(以外はあり得ない)
  • 資料4の④の文
    ①~③は、ほぼ確定なので、(消去法で)残ったのはBのみ。「窓が小さい」などもヒントになります。
    →この問題の正解は④

※なお、この問題では「なぜ」の部分については「降水量」や「日照時間」、「夏に乾燥」、「冬の寒さが厳しい」などのヨーロッパの気候の気候面を挙げています。


読み取る力を身につけるためには過去問が最適

高認の地理のほとんど問題は、きちんと資料を読み取ることができれば、容易に正解できます。「読み取る力」を身につけるには、過去問で訓練すると効果的です。

過去問を解きながら、知識として必要な事柄が出てきたら過去問題集の解説や用語集、インターネットなどで調べ、ノートなどに書きとめて覚えるようにするとよいでしょう。

地理Aと地理Bは問題としてはあまり違いはありませんので、両方の問題を解いておくとよいでしょう。初めて解く年度の過去問が6割以上正解できるようになれば、合格の実力は身についているといえるでしょう。


高卒認定スーパー実戦過去問題集 - 地理A・B

高卒認定試験(高認/旧大検)の地理の試験問題は、地名や用語の暗記で解けるような問題ではなく、ほとんどが地形図や統計資料、写真などをもとに情報を読み取って解答する問題となっています。このような問題を解くための実力は、単なる暗記では養うことができず、問題を多く解くことによって訓練することが必要です。そのため、高卒認定試験の地理対策の問題集としては「過去問題」が最適です。

高卒認定試験の過去問題6回分を掲載・解説。市販されている問題集の中で最も多くの過去問が掲載されています。しかも11月実施分の問題まで収録されている過去問題集は他にありません。
解答解説は、基本事項にも触れながら丁寧に説明されているので、苦手科目の克服にも最適。価格は少々高めですが、自信をもっておすすめできる高認過去問題集です。

※当サイトのオリジナルショップからお申込みいただくと送料が無料になります。