地学の攻略法 傾向と対策 高卒認定高認

J-Web Schoolのバナー広告

高認・地学→ 理科系の中では比較的なじみやすく、出題にもパターンが見られ勉強しやすい。オススメ科目です。

地学の攻略法・傾向と対策/高卒認定【高認】

地学は地球と地球をとりまく環境について学ぶ科目です。具体的には、地球の内部構造や生物の進化を中心とした地球の歴史、気象など大気現象や宇宙などです。地震や天気、宇宙など、よくテレビで報道されるような内容なので、学習対象が身近にあり、親しみやすい科目です。

地学基礎では、地球と地球をとりまく環境について学びます

高卒認定(高認)の地学基礎は理科の選択科目の中でもオススメ科目の一つです。その理由は、出題傾向が比較的はっきりしており、過去の類似問題が出題されることも多いからです。また、平成26年度から実施される新課程試験でも、地学基礎は大きな変更はないので、他の科目と比べて、勉強しやすいと思います。


出題傾向と対策

地球の表面で起こる地震や火山活動などの現象。大気で起こる気象の変化。地球外の太陽や木星などの惑星。さらに大きな視野で見る銀河系についても出題されます。

教科書や参考書で用語を覚えるなどの基礎をひととおり学習し、過去問を解くというごく普通の勉強方法で十分合格できる科目でしょう。

全分野からまんべんなく出題されますが、特に、惑星、恒星など宇宙に関する出題が若干多くなっています。また、基本的な計算問題(=中学レベルの計算で解ける)も数問出題されていますので過去問で確認・練習しておきましょう。

これまでの出題をみると、それぞれの分野は大問ごとに分かれて出題されます。主な出題分野と対策学習のポイントは次の通りです。


宇宙のすがた「銀河の構造」

宇宙は約140億年前にビックバンと呼ばれる大爆発によってできました。その後、宇宙は膨張を続けています。

ところで、生物の構造の単位は「細胞」ですが、宇宙の構造の単位は「銀河」と言えるでしょう。宇宙は「銀河」が無数に集まってできています。その銀河を中心に勉強しておきましょう。

キーワードは、宇宙の膨張、水素とヘリウム、宇宙の晴れ上がり、宇宙原理、円盤部、バルジ、ハロー、5万光年、銀河、銀河群、銀河団、銀河系の中の太陽の位置、アンドロメダ、天の川、星間物質、星雲、大規模構造、ブラックホールなどです。

次の問題は、銀河系の構造に関する出題例(高卒認定の前身である大検での出題例)です。

 

※平成25年まで、最もよく出題されていた「HR図」は、地学基礎の教科書の発展で扱うようになったため、今後の出題は少なくなるか、出題されなくなることが予想されます。


宇宙における地球「太陽系の中の地球」

地学基礎問題例

太陽系の惑星は大きく地球型惑星と木星型惑星に分かれます。どのように2つに分類したのか確認しておきましょう。特に惑星の密度や半径の違いがポイントになります。また、それぞれの惑星(水・金・地・火・木・・・と彗星、小惑星)の特色を覚えておきましょう。

※上記の問題は、地球と他の惑星(土星)との違いについて問われています。一見、暗記問題のようですが、「密度」や「自転周期」といった中学で習う基礎知識があれば、考察問題になります。それと、「赤道方向」とは「水平方向(左右の方向←→)」のことです。
この知識をもとに、「密度が小さい→変形しやすい」。「自転周期が短い→自転速度が速い→遠心力が大きい」のように考えます。すると、4が正解であることがわかります。土星は主に気体(=例えると風船)でできていますが、地球は主に固体(岩石)でできています。


地球の内部構造と地球の活動

地学基礎問題例

まず、地球の内部が層構造になっていることとそれぞれの層の名称(地殻、マントル、外殻、内殻)を覚えましょう。さらに、その境界面の名称と地表からの深さを覚えましょう。

地球の構造について、地震波の観測と関連させて覚えましょう。地球の内部構造はどのように知ることができるのか、地震計に記録される地震波(P波、S波、初期微動、主要動・・・)などは必須です。

地球表面の地殻については、マグマと岩石がポイントです。火成岩を分類する表、マグマの結晶分化作用、マグマ(溶岩)の粘性と火山の形などはしっかり押さえておきましょう。
また、地球表面に板のように張り付いて移動をしているプレートの動きとそれにより引き起こされる現象なども勉強しておきましょう。


地球の歴史

地層の断面図に関する問題 正解は2

地層の断面図に関する問題 正解は2

地層と化石を関連させて、よく出題されています。先カンブリア~新生代までの各時代の化石を覚えておきましょう。地球の歴史を生物の進化と地球環境の変化と結びつけて学習しておきましょう。

また、地質図の読み取り問題も少なくありません。クリノメータの読み方(走向と傾斜)も確認しておきましょう。 また、地層の断面図がよく出題されますが、そこでは「地層が形成された順序」「不整合」「断層」「形成された時代」「示相化石から地層ができた環境の推定」などが問題となります。パターン化しているので、過去問等で練習して、本番で出題されたら必ず正解できるようにしておきましょう。


大気と海洋

各季節の代表的な天気図を覚えよう 正解は2

天気図の読み取り(四季の天気の特徴、気圧配置)、大気の層構造(各層の特徴)、大気の大循環(地球規模の大気の流れ)、海流の循環、地球の熱収支(太陽からもらうエネルギーと宇宙空間に放出するエネルギー)などがポイントです。

また、少々難しくなりますが、「雲の発生の原理」「飽和水蒸気圧」もよく出るので、頑張って勉強しておきましょう。

次のキーワードがポイントです。

「西高東低」「シベリア高気圧」「梅雨」「前線」「偏西風」「オゾン層」「断熱膨張」「温室効果」「赤外線放射」「断熱膨張」「フェーン現象」


問題演習としては、教科書レベルの基本的な問題に数多くあたり、できるだけ多くの過去問で練習しておきましょう。


高卒認定ワークブック - 地学

高卒認定(高認)の地学基礎の対策学習書として「高卒認定ワークブック・地学基礎」をおすすめします。高卒認定(高認)試験対策として編集されているので、地学基礎の出題傾向・形式・レベルに合った勉強して無駄になる内容はなく、効率的です。基礎から確実に実力をつけることができます。

内容は問題が中心ですが、重要事項の整理や解説も一問ずつ丁寧になされており、参考書と問題集が一体となったような学習書です。

高卒認定試験の出題傾向・形式・レベルに合った学習内容なので勉強して無駄になる内容はなく、効率的に基礎から確実に実力をつけることができます。内容は問題が中心。高認に特化した学習書なので、本試験でもワークブックの類似問題が多く出題されています。
また、要点整理がなされており、解説も一問ずつ丁寧に説明されています。高卒認定試験対策に最適な参考書的な問題集です。

※当サイトのオリジナルショップからお申込みいただくと送料が無料になります。


高卒認定スーパー実戦過去問題集 - 地学

地学は教科書や参考書で用語を覚えるなどの基礎をひととおり学習し、過去問を解くというごく普通の勉強方法で十分合格できる科目です。

高卒認定試験の過去問題6回分を掲載・解説。市販されている問題集の中で最も多くの過去問が掲載されています。しかも11月実施分の問題まで収録されている過去問題集は他にありません。
解答解説は、基本事項にも触れながら丁寧に説明されているので、苦手科目の克服にも最適。価格は少々高めですが、自信をもっておすすめできる高認過去問題集です。

※当サイトのオリジナルショップからお申込みいただくと送料が無料になります。