国語(現代文・古文・漢文)の攻略法 勉強法 高卒認定高認)対策

高認・国語 → 現代文=想像力や常識はNG。古文=難しい文法は不要。漢文→まずは読み方のルールを習得。

国語の攻略法・傾向と対策/高卒認定【高認】

高卒認定・国語の問題構成

高卒認定(高認)試験の国語は、大きく「現代文」と「古典」の2つの分野に分けられて出題されます。問題構成と配点は次の図のようになっています。

高卒認定試験 国語の問題構成
  • 上記の問題構成や配点は、平成16年度まで実施されていた大検(大学入学資格検定)のときからずっと同じです。
  • 現代文では、小説と論理的文章(または随筆等)が1題ずつ合計2題出題されています。本文を丁寧に読めば答えられる基本的な問題が中心となっています。
  • なお、漢字は毎回10問(読み・書き、各5問)出題されています。漢字検定3~4級程度の問題ですので、余裕があったら漢字検定の勉強もしておくと、一石二鳥です。

小説では、主人公の心情を読み取ることがポイント

大問1の小説では比較的読みやすい現代小説、戦後小説がよく出題されています。日頃から小説に慣れ親しんでいる方は、特に勉強しなくても得点できるでしょう。

小説(文学的文章出題例 高卒認定過去問より)

小説(文学的文章 出題例):傍線部A「その感激の思いが一気に暗転した」とあるが、この時の 「ぼく」 の気持ちはどのようなものか。

小説では「○○の思いとはどのようなものか?」「○○の心情はどのようなものか?」というような問いが多く出題されています。つまり、登場人物(主人公)の行動(行為)や発言を通して、「思い」や「心情」を理解することが一番のポイントになります。

※上記の○○は、おもに「主人公」です。

この種も問題を解く時、問いとなる傍線部の近くを見ることが大切です。傍線部の近くに正解の根拠(ヒント)が書かれています。なぜなら、小説はいわば「ドラマ」であり、ストーリーの進展とともに主人公を取り巻く環境が変われば、主人公の心情も変化している可能性があるからです。そのため、傍線部から離れたところに正解の根拠はないのです。

なお、正解にたどり着くためには、本文中の表現から答えを探すことが大切です。想像を膨らませてしまったり、自分の感情を入れないように注意して考えましょう。国語の問題は、あなたの感想や一般常識が問われるのではなく、問題と与えられた文章の「読解力」が問われるのです。


論理的文章(評論文)では、自分の考えや世の中の常識で判断しない

論理的文章は、「情報」「コミュニケーション」「表現」「言語」といった比較的身近なテーマが扱われます。過去には、ドラマの台本が問題になったこともありました。普段から、書籍や新聞に慣れ親しんでいる人にとっては、比較的簡単に得点できるでしょう。

論理的文章 出題例 高卒認定過去問より

論理的文章 出題例:傍線部A「どちらもケーキに羊羹を添えたような句なのだ。」とあるが、それはどういうことか。

論理的文章では、「文章中に………(傍線部)」とあるがこれはどういうことか?」というような問いが多く出題されます。「………」の部分は、たいてい、意味不明な内容になっています。上の例でも「ケーキの上に羊羹を添えたような…」とあり、傍線部だけを見ても何のことだかさっぱりわかりません。「………」を本文の他の箇所をもとに考えていくことが、国語で問われる読解力です。

「………」の部分は、著者の主張・意見(いいたいこと)である場合がほとんどです。著者は「………」を主張したいがために、文章を書いているのです。論理的文章のポイントは著者の主張を読み取ることです。

また、著者は常識的なことを主張しません。世の中の人たちとは意見が違うから文章で主張するのです。その著者の主張を読み取ることが、論理的文章のキモになります。

※もし、仮に現代文に常識を問うような問題が出題されたら、それはもはや国語の問題ではなく、一般知識を問う問題になってしまいます。国語で問われるのは、あくまでも「読解力」なのです。


論理的文章「著者の主張の読み取る方法」

論理的文章を超簡単に表現すると「世の中では○○といわれているよね。でも、△△だから、私は□□と思う。」という文脈になります。あなたが他人とは違う自分の考えや思いを主張したい場合も同じように話すのではないでしょうか。

ここで重要なのは、「でも」です。「でも」の後に主張したいことがあるのです。「でも」は国語では「逆接」とよばれている接続詞です。論理的文章では「しかし、」「…だが、」のような形で登場します。

※「でも…」の前には、たいてい「事実」があります。論理的文章では、事実と主張を意識して読むこともポイントのひとつです。ただし、事実よりも主張の方が大切です。

ところで、あなたが、上記のように説明してもわかってもらえない場合は、どうするでしょうか。きっと「要するに、…」「つまり、…」などと言い換えて主張するでしょう。論理的文章でも同じです。著者は「つまり、…」「すなわち…」など「換言」とよばれる接続詞を使って、繰り返し主張します。

国語の受験対策には「接続詞に注意しながら、文と文・段落と段落の関係を正確につかみ、全体の文脈を正しく理解し要点を押さえる」というような解法のポイントがしばしば掲載されていますが、それは上記のようなことを言っているのです。 論理的文章では、「逆接」「換言」が特に重要です。この2つに着目して読み進めれば、正解にたどり着く近道になります。

他にも「理由」を示す接続詞「なぜなら…」「というのは…」や、「例示」を示す接続詞「たとえば…」「いわば…」などがあります。理由も例示も著者の主張を補うものです。問題を解く時「逆接」と「換言」が最も重要ですが、「理由」や「例示」まで意識すると、全体の文脈(文章の構造)が見えてきます。

※試験中は文章構造まで考えて解く余裕はあまりないと思いますが、過去問などを解いたときなどは、文章構造まで考えてみると、読解力をつけることができます。

繰り返しになりますが、論理的文章で一番大切なことは「筆者の主張」を捉えることです。自分の主観(個人的な考えや意見)や世間の常識にとらわれず、あくまでも本文から正解を読み取るようにしましょう。現代文は、あなたの常識が問われているわけではありません。世間の常識とは、多少違う著者の独自の考えを読み取る力(本文から著者の意見を理解する力)が問われるのです。

主観を交えずに客観的に読み進んでいく。日本語で構成されている文章なので力を抜いて読む。自分は上の事に注意しながら読んいき、国語で満点を取りました。考え方一つで国語って科目は大きく点数が変わってきます。

交流掲示板/通りすがりさんより

古文は細かな文法よりもストーリーの理解が大切

古文の出題のレベルは中学校から高校の基礎程度。「落ち」のわかりやすい説話的なものや、内容のとらえやすい近世の作品が目立ちます。細かい文法(活用形やその種類、品詞分解など)に関する問題は出題されていません。ストーリーの理解を中心とした出題になっています。

古文出題例(高卒認定過去問より)

古文出題例(高卒認定過去問より)

高認の古文は大学入学試験などとは違い、わかりやすい文章が出題されます。細かい文法事項を丁寧に勉強することよりも、古文に慣れることが近道です。その際の教材としては、過去問が適しているでしょう。以下に初心者におすすめの勉強法を紹介します。

初心者向け「高認古文速習法」

  1. 問題文の最後に(注)が書かれています。最初に確認し、何の話なのか、なんとなく感じておきます。ちなみに、この(注)は、問題文を読み解く上で、最大のヒントになります。
  2. 問題本文は、最初は外国語のように感じるかもしれません。わからなくても、たとえ眠たくなっても、とにかく根気強く、読み続けます。頭がモヤモヤしてきたら、休憩を入れて再開すると、新たに分かる部分も出てくることがあります。
  3. 傍線などの問に関係する部分が出てきたら、その少し後まで読んで、解いてみます。問いの選択肢は、現代語で書かれているので、古文で書かれている問題本文を理解するヒントになるのです。
  4. 上記のように、本文を読み、問いを読み、注を確認しているうちに、本文の中で、部分的にわかる箇所がいくつか出てきます。それらがつながれば、全体像が見えてきます。
  5. 問題文の、半分程度わかれば、5問中、3~4問は正解できると思います。問題を考えるときには、消去法も活用します。もっともらしい選択肢でも、本文に書かれていない単語などが含まれるものは、まず正解ではありません。

古文に慣れてきたら…

本文を読みながら、誰が何をしたか(主語と述語の関係)をきちんととらえることがポイントです。それだけで、解ける問題もあります。また、敬語は登場人物の人間関係を把握する手がかりとなります。

過去問等を解きながら、重要単語をおさえつつ、文章全体の流れを捉える練習をしましょう。また、古文独特の言い回しに慣れましょう。現代語と古語では違う意味を持つ単語(「なつかし」「あたらし」など)に注意しましょう。


高卒認定に合格された先輩からのアドバイス

漢文と古文の小問のほとんどは話の内容を聞く問題です。それぞれの選択肢はかなり内容が違います。ですので極端な話、だいたい話を理解できたらいいのです。また、古文も漢文も言ってみれば日本語の羅列で構成されています。ですので大まかな意味は日本人でしたら理解できると思います。自分は高校の古文・漢文を一切知らずに高認の試験はいけました。油断しなければきっといけます!!!

交流掲示板/通りすがりさんより

古文も漢文も読んでから解くのではなく、横線などがあったらその都度、問題の選択肢を吟味しながら読んでいく。選択肢は消去法で選ぶ。消去法で定まらないときは前後の文を読み吟味する。

交流掲示板/通りすがりさんより

漢文は、まず読み方のルールを覚えよう!

漢文と古文の違いは、本文が「漢字」であることの他に、「読み方のルール」があるということです。手間がかかる分、古文よりも短い文章(5行程度)になっています。

高認の漢文対策として、最優先で勉強すべきこと

  1. 読み方のルールを覚える(返り点・送り仮名)
  2. 句法を覚える(否定、疑問・反語、使役・受身、再読文字)

漢文では、教訓的なたとえ話が多く出題されます。古文と比べて文章が短いので、ストーリーもシンプルです。全体の流れ(ストーリー)を捉えることができれば、ほぼ正解できるでしょう。過去問等を多く解いて、高認レベルの漢文に慣れておきましょう。また、古文と同じように、本文だけでなく、設問ごとの問いの文や選択肢、注釈など、問題全体からヒントを得て解きましょう。


高卒認定試験「国語」の合格者・先輩からのアドバイス

満点を取りたいなら別ですが、古文と漢文は消去法でいけますよ。選択肢は4択。その中には、絶対これじゃないだろ。っていうのが一個や二個は入っています。後は、それ以外の選択肢を吟味すれば、確信とまではいかなくても、これかな?ってのがあると思います。これで7,8割はいけるはず・・・頑張ってください!!

交流掲示板/通りすがりさん

センター試験レベルでも、古文の単語はせいぜい300語。高認レベルなら100語で充分です。英単語100語といえば中2程度だと思います。そのくらいは暗記しましょう。あとは、助動詞と敬語の知識を暗記するしかありません。漢文も、基本的な語法(再読文字、使役など)は最低限、暗記しておく必要はあります。基本的な知識の暗記なしには、どうすることもできません。高1程度の内容はしっかり理解しておきましょう。

交流掲示板/ジュリアさん

高卒認定ワークブック - 国語

高卒認定ワークブックの国語では、合格点獲得のカギを握る古典分野(古文・漢文)に力を入れて、基礎から解説しています。

高卒認定試験の出題傾向・形式・レベルに合った学習内容なので勉強して無駄になる内容はなく、効率的に基礎から確実に実力をつけることができます。内容は問題が中心。高認に特化した学習書なので、本試験でもワークブックの類似問題が多く出題されています。
また、要点整理がなされており、解説も一問ずつ丁寧に説明されています。高卒認定試験対策に最適な参考書的な問題集です。

※当サイトのオリジナルショップからお申込みいただくと送料が無料になります。


高卒認定スーパー実戦過去問題集 - 国語

国語の出題形式は毎回同じなので、過去問演習して、本試験に慣れておくとよいでしょう。毎回60点以上取れるようなら、国語の対策は、こちらの過去問題集だけで充分でしょう。

高卒認定試験の過去問題6回分を掲載・解説。市販されている問題集の中で最も多くの過去問が掲載されています。しかも11月実施分の問題まで収録されている過去問題集は他にありません。
解答解説は、基本事項にも触れながら丁寧に説明されているので、苦手科目の克服にも最適。価格は少々高めですが、自信をもっておすすめできる高認過去問題集です。

※当サイトのオリジナルショップからお申込みいただくと送料が無料になります。