数学の攻略法 勉強法 高卒認定高認)対策

J-Web Schoolのバナー広告

高認・数学→ 過去問を徹底的に勉強し、出題のパターンを見抜くことが合格への近道。

数学の攻略法・傾向と対策/高卒認定【高認】

高卒認定【高認】試験科目の中で数学は他の科目と比べて平均点が低い科目です。合格率も低く、難関科目のひとつとなっている受験生も少なくないようです。

しかし、高卒認定の数学は、問題文中の数だけ変えたような問題も出題されています。そのため高認の数学は、本当は勉強しやすく、合格しやすい科目のはずです。

次の問題はよく出題される問題です。余弦定理という公式にあてはめて、正しく計算できれば正解できる問題です。

高認数学は類似問題の出題が多い

対策としては、参考書で基礎内容を一通り学習したら、過去問題を繰り返し勉強する方法が効率的です。

数学が苦手で考え方がよくわからない人でも、高認の数学は出題パターンが似ているので解き方を覚えてしまえば得点できる問題も少なくありません。

このページでは高卒認定(高認)数学の大問ごとの学習ポイントを解説します。参考のため、高卒認定ワークブック「新数学」のページも付加しておきますので、お持ちの方はご参照ください。


整式、式の展開、因数分解、平方根の計算、分母の有理化

まずは、中学と高校で習う乗法公式と因数分解の公式(p42~p44)を覚え、その使い方の練習をしましょう。特に高校で習う「たすきがけによる因数分解」(p43(5))のタイプはよく出題されます。また、分母の有理化ではp14~p15の基礎問題とp16のレベルアップが解けるようにしておけば充分です。

※本文( )内のページは、高卒認定ワークブック「新数学」に対応しています。


二次関数とグラフ、二次関数の最大最小

二次関数は、修得が難しい単元ですが、高卒認定試験では、基本的な問題が、ほぼ一定のパターンで出題されます。大検の時代から問題のレベル、内容ともに大きな変化はありません。そのため、過去問を活用して勉強すると、とても効果的です。

まずは、二次関数のグラフの形(概形)に関する問題が出題されます。まずは、関数の式(y=・・・)から、グラフのおおよその形(特に向きと頂点が大切)は描けるようにしましょう。ポイントは頂点の座標と向き、x軸とy軸との交点です。

頂点の座標については、ワークブックのp89~p91の基礎問題~レベルアップ問題で速習ができます。また、グラフの概形については、p98~p100で練習しておけば十分です。

最大最小の問題(←毎回出題)では、グラフのおおまかな形が書ければ簡単です。定義域(χの範囲)の中で、グラフの一番高い点が最大、一番低い点が最小です。それぞれのχを代入してyを求めます。

二次関数の最大・最小については、ワークブックのp100の問1~問5で練習しておきましょう。

また、2次方程式と2次不等式の解を二次関数のグラフから理解しておくことも大切です。


三角比と図形の計量、余弦定理、正弦定理

三角比と図形の計量では、まずは、三角比の意味(定義)を覚え、三角比の表は何も見ないで書けるようにしておきましょう。覚え方はこちらのページも参考にしてください。この表が書けないと三角比の問題はほとんど解けません。さらに正弦定理、余弦定理等の公式の使い方を覚え、基本問題をくり返し解いて、問題に慣れましょう。この分野もほぼきまったパターンで出題されるので、苦手な場合は、過去問を中心に解き方を覚えてしまいましょう。


合格者・先輩からのアドバイス

数学でおすすめの問題集はj-出版の「高卒認定スーパー実戦問題集」です。過去問が本屋に無かったので使ってみたのですがかなり良いです!新課程に対応していてマークシートですから本番の練習にピッタリ。繰り返し解いて高得点を取れるようにしておけば数学は楽勝です!!これから数学を受ける方は是非使ってみてください。

高卒認定合格 マーチさんより

高卒認定ワークブック - 新数学

高卒認定ワークブックの新数学は、合格に必要な基礎力(中学の復習)~実戦力を効果的に身につけることができる学習書です。

高卒認定試験の出題傾向・形式・レベルに合った学習内容なので勉強して無駄になる内容はなく、効率的に基礎から確実に実力をつけることができます。内容は問題が中心。高認に特化した学習書なので、本試験でもワークブックの類似問題が多く出題されています。
また、要点整理がなされており、解説も一問ずつ丁寧に説明されています。高卒認定試験対策に最適な参考書的な問題集です。

※当サイトのオリジナルショップからお申込みいただくと送料が無料になります。


高卒認定スーパー実戦過去問題集 - 数学

数学は出題パターンが決まっており、毎回類似問題が出題されます。数学は特に過去問での勉強が効果的です。

高卒認定試験の過去問題6回分を掲載・解説。市販されている問題集の中で最も多くの過去問が掲載されています。しかも11月実施分の問題まで収録されている過去問題集は他にありません。
解答解説は、基本事項にも触れながら丁寧に説明されているので、苦手科目の克服にも最適。価格は少々高めですが、自信をもっておすすめできる高認過去問題集です。

※当サイトのオリジナルショップからお申込みいただくと送料が無料になります。