高卒認定 高認 高等学校卒業程度認定試験

(^o^)/ Welcome! 高等学校卒業程度認定試験(高卒認定)の早わかりページ。 はじめての方はこちらからどうぞ。

高認はこんな人たちが受験しています


中学を卒業してからずっと働いていたが、最近、高卒資格の必要性を感じた。


高校を中退し、受験勉強に専念して、希望の大学に進学したい。


スポーツや芸能活動などに忙しいので、高校に通わずに最短で高卒資格を取得したい。


定年になり、引退したが、生涯学習として、高認にチャレンジしたい。


高卒認定とは、高認とは

高等学校卒業程度認定試験こうとうがっこうそつぎょうていどにんていしけん

高卒認定(高認)は、何らかの理由で、高校を卒業できなかった方の学習成果を適切に評価し、高等学校卒業と同等以上の学力があるかどうかを認定するための国家試験です。正式名称は「高等学校卒業程度認定試験(英:Upper Secondary School Equivalency Examination)。試験に合格すると、大学・短大・専門学校の受験資格が与えられます。また、高校卒業が受験資格となる各種資格試験等も受験することができるようになります。

※高卒認定試験は、平成16年度まで実施されていた大学入学資格検定(=大検)に変わり、平成17年度より実施されています。

※定時制・通信制・全日制の高校に在学していても受験できます。合格科目は学校長の判断により、高校で単位認定されます。そのため、長期欠席等で留年が想定される場合などにも活用できる試験です。


高卒認定(高認)早わかり表

高卒認定試験の実施概要は次のとおりです。

  第1回 第2回
受験案内配布 4月上旬頃~ 7月下旬頃~
出願期間 4月下旬頃~(2週間程度) 9月上旬頃~(2週間程度)
試験日 8月上旬(平日2日間) 11月上旬(土日の2日間)
合格発表 8月下旬~9月上旬 12月上旬
合格要件 8科目~10科目(科目の選択方法による)すべてが合格または免除で満たされた場合。ただし、全科目が免除条件を満たした場合、任意の科目を最低1科目を受験する必要がある。
合格点 各科目40点程度
合格率 約40%
(一部科目合格者は8割~9割以上)
難易度 中学~高校の基礎レベル
(センター試験より易しい)

※平成26年度から高卒認定(高認)試験は新教育課程で実施されています。理科が最大3科目必須となり(選択の仕方により2科目または3科目)、合格要件が変わりました。


高卒認定に合格すると

高等学校卒業程度認定試験、高卒認定試験(高認)の合格証書

高等学校卒業程度認定試験、高卒認定試験(高認)の合格証書

高卒認定試験(高認)の合格者は希望する国・公・私立のどの大学・短大・専門学校でも受験できます。

また、各種の国家試験などを受験するときにも、高校卒業者と同じ扱いを受けることができます。

さらに、海外の大学への進学(留学)への道も切り開かれます。

高卒認定試験は、進学や国家試験、就職等に広く活用できる試験とすることが大きな目的です。

なお、高卒認定試験の(一部)合格科目は、学校長の判断によって、高等学校での単位認定(卒業単位に加算)されるなど学習成果を評価することもできます。


受験科目(試験科目)

高卒認定試験では、国語、地理歴史(日本史、地理のどちらか選択)、公民(「現代社会」「倫理・政治経済」のどちらか選択)、数学(数学)、理科(科学と人間生活、物理基礎、化学基礎、生物基礎、地学基礎)、英語が試験科目です。公民と理科の選択方法により、合格に必要な科目数が異なりますので、ご注意ください。

なお、試験は1科目50分、マークシート形式です。


試験科目(受験科目)の一部免除

高校で単位を取得している科目や技能検定に合格している場合は、申請により一部科目が受験免除となります。


問題のレベルと合格点

問題のレベルは中学~高校基礎レベルで、センター試験より易しい問題(レベル)です。

合格点は、文部科学省より正式発表はされていませんが、 100点満点中40点が合格点であることが推定されています。


高卒認定の合格要件

高卒認定試験では、8科目(倫理・政治経済受験の場合は9科目)に合格または免除で満たされた場合、高等学校卒業程度認定試験【高卒認定試験】の合格者となることができます。

なお、合格者が満18歳に達していないときには、満18歳に達した翌日から合格者となります。


受験資格(受験対象者)

高等学校卒業程度認定試験【高卒認定】は、翌年3月31日までに満16歳以上になる方で、高校卒業資格(高校卒業学歴)のない方ならどなたでも受験できます。


高卒認定の出願

願書は受験案内に添付されています。受験案内は全国の受験案内配布場所または郵送で入手することができます。

出願期間になったら、受験案内に従って、願書とともに必要書類一式を文部科学省宛に郵送します。提出用の封筒は願書に添付されています。


高卒認定の受験料

高等学校卒業程度認定試験【高卒認定】の受験料は次の通りです。出願のときに、願書に収入印紙を貼り付けて納付します。

受験科目数受験料
7科目以上8,500円
4科目以上6科目以下6,500円
3科目以下4,500円

試験会場について

各都道府県に1会場ずつ設けています。必ずしも本籍地や現住所の都道府県で受験する必要はありません。但し、出願後の受験地の変更はできません。